室町砂場と禅の公案と主人公

皆さんは、禅の公案ってご存知ですか?

 

好き好き好き好き大っ好きーの一休さんは有名な禅僧で、一休さんらしい有名なエピソードがたくさん残っています。

足利義満が一休さんに出した、「屏風のトラを退治しろ」エピソードはよくご存じでしょう。

これは「とんち」ですが、禅問答の一種であるという見方もできるわけです。

 

多感な思春期を通過中、または通過した方は、アメリカの作家サリンジャーの「ライ麦畑でつかまえて」を読んだことがあるかと思います。

 

そのサリンジャーの「ナインストリーズ」という短編集の表紙には、ある有名な禅の公案が書かれています。

 

We know the sound of two hands clapping. But what is the sound of one hand clapping?

 

両手で鳴らした音は知っている(手を叩く音・拍手)。では、片手の音はどんな音か?

 

と、いう質問文で、これは禅宗では有名な公案の「隻手音声(せきしゅおんじょう)」「隻手の声(せきしゅのこえ)」と呼ばれるものです。

 

公案ですから、質問というよりは、「片手の鳴る音を聴け、そこに1つの真理を見つけろ!」という意味で、公案の謎かけに1つの答えがあるわけではありません。

 

答えがないわけではなく、答えとは、「悟りを開く道しるべ」ということです。

 

禅宗の坊主でもないくせに偉そうなことを言うなと、まあ言わないで。

 

これでも二十歳前後はひどく悩み、明日が来るとは思っていなかったのでした。

 

そのようなことは全く俺にはそぐわない・・・と開き直って生き始めるまでに、結構かかったような、遠く甘い記憶があったりします。

 

今でも、時々そんなことを考えたりするのは、料亭や旅館、茶室、仏閣などを訪問するときに、ふと、掛け軸などに禅の言葉や公案が目に入ってくることがあるからです。

 

そういう時は、きっと俺の何かが間違っていたり、疑問があるんだなあ・・・と思ってしまいます。

 

思春期の記憶は、さっき甘いと書きましたが、痛いものもあったりして、なにげなく目にしたものがずきんと来るのは、これは心に何かがある証拠。こういうサインを逃してはいけないものです。

 

最近、日本橋の蕎麦屋「室町砂場」で天せいろを食ったときに、なぜか突然思い出した言葉があります。

 

「主人公」

 

何故?

 

これはですね、室町砂場の天せいろって、普通の天せいろ(天ざる)とは全然違って、かき揚げの天ぷらが、熱いそばつゆの中に最初からどっぷり浸かった状態で出てくるんですよ。

 

最初から知って頼んだので驚きも何もしないですが、食いながら、「こりゃ結局、天ぷらを食うものではなく、蕎麦が主人公なんだな・・・」と、独り言をつぶやいたのでした。

 


ちなみに、室町砂場の蕎麦は、これが人間の切った蕎麦かと思うほど美しくて、確かに美味しいし、蕎麦が主人公と言って過言ではないです。

 

さて、主人公が禅の言葉だったとはご存じないでしょう?

 

これは無門関という、中国の公案集の中に出てくる「瑞巌(ずいがん)主人公」という公案です。

 

この瑞巌和尚は、毎日、自分自身を

「主人公!」と呼びかけて、自分で「はい」と返事をして

 

「惺々著(せいせいじゃく)」=「おい主人公、しっかりと目を覚ましているか?」、「はい」

 

「他時異日、人の瞞を受くること莫れ」=「人にだまされんじゃねーぞ」、「はい、はい」

 

これを毎日繰り返していたというのです。

 

これは、自分のことを「主人公!」と呼び自分で「はい!」と答える、奇妙といえば奇妙な公案ですが、なんだか俺にぴったりなような気もします。

 

自分が主役(笑)

 

という意味ではありませんよ!

 

これは、誰もが自分の主人公でなくてはいけないということです。

 

これは、他の公案では「面目」と言います。内なる真の自分ということです。

 

「主人公!」「はい」とは、自分の内なる真実の自分でいることができているか?という問いかけなんですね。

 

心理学用語では「自己一致」と呼ぶもので、心理学の学生は「じこいち」と呼ぶのですが、禅の公案にも出てくるくらいですからね、自己一致とは、そんじょそこらの学びで理解できるものではありません。

 

なぜならこれは生き方の問題で、心理学でも、禅でも、こうあらなくてはいけないということなんです。

 

室町砂場も蕎麦屋とは「此処はそばを食わすところ也」ということです。

 

おーい、主人公!

 

返事が聞こえねーぞ???

店名 室町砂場
電話番号 本店 03-3241-4038
支店 03-3583-7670
FAX 03-3241-4816
住所 中央区日本橋室町4-1-13
営業時間 本店
平日 11:30~21:00(L.O 20:30)
土曜 11:30~16:00(L.O 15:30)支店
平日 11:00~20:00(L.O 19:30)
土曜 11:00~19:30(L.O 19:00)
定休日 毎週日曜日・祝日・第三土曜日

にほんブログ村

関連記事

  1. 法眼家の家系図 市川崑監督『病院坂の首縊りの家』

  2. 銀座アスターとチャプスイ

  3. 黄昏にはじまった恋は、波止場で終わるのだった

  4. Japanese Boy と代官山の朝

  5. 3/3「病院坂の首縊りの家」横溝正史原作・市川崑監督 Pt.3

  6. Gravity Sara Bareillis 重力には、誰も勝てない

  7. サンタマリアマッジョーレ教会とディチェコのパスタ、ベーコンクリーム

  8. 旗の台 マロニエ洋菓子店

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

最近の記事

  1. 最初の記憶

    2022.07.13

カテゴリー