黄昏にはじまった恋は、波止場で終わるのだった

先日、友だちのアメリカ人から「ニホンの曲で、このCDを買ってクダサイ!」と、YOUTUBEのリンクが送られて来ました。

 

その曲とは、「黄昏のビギン」byちあきなおみでした。

また、なんと渋いところをついてくるものでしょう!

 

この曲は、もともとは水原弘の曲で、1959年10月の発売です。

永六輔・中村八大作詞、中村八大作曲の名曲で、後にちあきなおみがカバーしました。俺の年代ならば知らない人はいないでしょう。

 

・・・濡れた胸元ブラウスに

雨のしずくか、ネックレス。小刻みに

 

震えていた

 

何年か前、大好きだった女性が、東京を離れて実家に帰ることになった直前、

と、ある場末のバーで、彼女が歌った歌です。

 

恋が始まる歌なのに、切なく哀しいのはなぜだろう?

 

何も言えなかった自分がいます。

 

 

 

さて、ちあきなおみのCDがずっと欲しいと思っていた俺は、友人のと一緒に自分にも買いました。

 

考えたら、ちあきなおみのCDを買うのは初めてです。どうせならと思って、全曲集にしました。

 

俺は、リアルタイムで、ちあきなおみショーをやってましたからね、ギャーッと言いたくなるほど恥ずかしい思い出ですが、実は「四つのお願い」が大好きだったのです。

 

四つのお願いとは、

 

1.優しく愛して

2.こっそり、教えて

3.あなたの好きなこと

4.そのあと、私にして

 

ああ、素敵です。何を想像していいのか分かりません!言われたらどうしようとか、ドキドキしてしまいます。

 

ところで、CDですが、買ったことで満足して聴くことがなかったのですが、最近BGMに流していて、ある曲が流れた時に、ふと、また、時間旅行の扉が開きました。

 

時間旅行の扉が開くのは、大抵は、忘れ去られていた曲を聴いた時。なぜか、いつも昼寝の匂いと、セスナ機のプロペラ音がするのです。

 


はっ。

 

とばはこさめ。

 

はっ!

・・・とばは、小雨

 

あ、「波止場は小雨」って言ってんだ!

 

これは「波止場エレジー」という曲でした。

「波止場エレジー」とは、また、大がかりど演歌のようなタイトルですが、これが違うのですよ!

 

「ザ・昭和モダン」なる言葉があるかどうかは知りませんが、ちょっとだけ「ガラスの墓標」のような、フレンチな香りがする名曲です。

エレジーって何?そう言えば、「élégie」というフランス語がありました。ギリシャの哀悼詩だそうです。

 

ところで、この「波止場エレジー」は、1974年2月に発売された、金井克子のシングル曲でした。オリコン65位の曲です。

 

なぜ、これをちあきなおみが歌ったかは分かりませんが、この曲に関して言えば、金井克子のオリジナルの方が、断然いい!

彼女の波止場はルアーブルやシェルブールの香りがします。

 

金井克子「波止場エレジー」Youtubeリンク

有馬三恵子作詞 川口真作曲

 

答えはかえらない波止場

カモメになりたい

にほんブログ村

関連記事

  1. 「とんかつ 五反田井泉」と311東日本大震災

  2. 武蔵小山 珈琲 太郎

  3. 世迷い言とあんたのバラード

  4. 室町砂場と禅の公案と主人公

  5. ホンコン焼きそば 作ってみた

  6. 旗の台 マロニエ洋菓子店

  7. 2/3「病院坂の首縊りの家」横溝正史原作・市川崑監督 Pt.2

  8. 「とんかつ五反田井泉」紹介にたどり着かなかった、田舎出の俺が驚いた東京…

コメント

    • 2014年 10月 04日 2:59pm

    SECRET: 0
    PASS:
    ぞうちゃん。「何も言えなかった自分がいます。」というところでもんもんするよ。

  1. SECRET: 0
    PASS:
    ブログ始めてまもないですが、参考にさせて頂きます。ブログ文章読ませて頂きました、次のブログ記事更新お待ちしていますね。

  2. SECRET: 0
    PASS:
    こんにちは!コメントさせていただきます。ブログが取り留めもない日々の連続でとっても素敵ですね。私のブログに「ペタっ!」っとしてもらえると嬉しいです。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

最近の記事

  1. 最初の記憶

    2022.07.13

カテゴリー