サンタマリアマッジョーレ教会とディチェコのパスタ、ベーコンクリーム

1990年の8月初旬、その頃、パリ大学の寮に住んでいたのですが、何もかもが気に入らない寮生活に我慢の限界が来て、大学の夏期講習が終わるや否や、ローマに逃げました。

 

大学の夏期講習はオープンなのですが、修了試験に合格すれば自国の大学の単位が取れることから、近隣の学生たちが単位を取るためにやって来るのです。

 

すぐに友達のできる俺は、クラスメイトのうち、一番デカくて怖そうなイタリア人男性と友達になりました。何故かクラスに一人もアジア人がいなかったので、どうせ友達になるならば面白そうな人がいいと思ったのですが、いやあ、本当に面白かった。

その彼は、パリ留学中の彼女の家に居候していたのですが、何かやらかしたようで、ある日、突然、イタリアに帰るけど、一緒に行くよな?と、質問ではない投げかけに、その日の夜には、イタリア行きの夜行列車に乗っていました!

 

寮にはひとこと、9月末で出るからと、受付にメモを残しただけです(笑)

何もかもそのままで、イタリアへ。とはいえ、金もないし、すぐに戻ってくると思っていたのです・・・。

 

さて、一旦、彼の住むボローニャに行きましたが、彼の部屋は素晴らしい構造で、キッチンを入れると4部屋にルーフバルコニーまであるアパートでした。

 

その時に、この人はお金持ちなんだ・・・と知りました。見かけからはこんなに立派なアパートに住んでいるとは想像もつかなかった。

 

でもずっとそこにいるのも気が引けるので、ローマに行きたいと言ったら、実家はローマでホテルをやってるから、そこのメイド部屋に泊まれと言ってくれました。なるほど。やっぱりお金持ちだったんだ。

 

サンタマリアマッジョーレ教会ローマ さて、彼のホテルは、ローマの7つの丘の一つ、サンタマリア・マッジョーレ教会の前でした。

丘の上なので、ホテルからは、サンピエトロ寺院のドームが見えて、メイド部屋は狭かったですが、居心地がいい。

そこに1ヶ月以上も滞在してしまった・・・。

 

宿泊代を払うと言っても聞いてくれないので、なにかお礼をしなきゃと、彼の実家に上り込んでは、よく料理を作りました。

 

一度、ご飯を炊いて、おにぎりを作ってあげたんです。

 

イタリアでは米は普通に食べますが、あのような形になるとは、想像を超えていたようで、鮭をグリルして、鮭おにぎりを作る様子を、マフィアのような親父さん以下、一家全員が、固唾をのんで見守る中で、にぎにぎしてあげた。

 

ベリーッシモ!と歓声をあげて、その場で食べちゃうんです。よほど美味しかったらしく、その後も何度かリクエストされました。

 

ローマで鮭おにぎりが出たら、あれは俺が広めたのですよ!

出ねえか(笑)

 

ところで、今回は、パスタのレシピを書こうと思っていたのでした。

 


なぜこの話をするかというと、ホテルの1階に、ディチェコの経営するデリカテッセンがあったのです。

 

普通に買えるパスタの中では、やはり、ぴか一に美味しいですからね、ほぼ毎日のように通いました。

 

生パスタも置いてあって、後は、調理済みのおかずと、ディチェコはもしかして、もともと粉屋なのか、イタリアの粉もんがずらーりとあるんです!

 

中でも、マフィンみたいなものが、美味しいったらありません。やはり、粉もんは、世界中で美味しいです!

 

一度、日本語が恋しくて、サンタマリアマッジョーレ教会で、日本人の女の子をナンパしたのです。

 

彼女は関東からの一人旅でしたが、ディチェコに連れて行ったら、心の底から感動していました。教会でナンパなんて、不謹慎の極みですが、ロケーションを味方につけると、女の子は非常に弱いということが、よく分かりました。

 

皆さん気を付けましょう!そして男性の方は、ロケーションを味方にですよ。

 

さて、そろそろ、ほったらかしの寮が気になりはじめた9月の末。

そうでした、俺は、寮を出なきゃいけないのです!フランスに帰らなくてはいけません。住むところも探さなきゃ。

 

お世話になったご家族の最後の晩餐には、無謀にもパスタを作りました。

 

彼の家はパスタはトマトソースという決まりでもあるのか、毎回同じ味なので、クリーム系のパスタが食べたかったのです。

 

やっと表題に行きつきました。ベーコンのクリームパスタ!めちゃくちゃ簡単です。そして、誰に作っても評判がいいのです。

 


ベーコンクリームパスタ 長くなったので、レシピは次回(笑)

それはそうと、忘れもしない、9月30日、日曜日の朝10時、イタリアからの夜行列車がパリのリヨン駅に到着しました。

すぐに駅のキオスクでルモンド紙を買い、駅でアパートを探しました。1軒目は断られました。俺は外国人ですからね。

 

2件目、「ニホンジン、だいじょーぶー」とは言いませんでしたけど、まあ、そのようなことを言われたので、即、契約して、その日中に引っ越しました。

 

今考えても、われながらびっくりする行動力です。

寮長はなんかぎゃあぎゃあ言っていましたが、うーん、分かりません。お元気で、オー・ルボワール!

 

アパートは、今度はパリの丘の上の教会の前でした。

実は凄い環境だったと、住んでから分かりましたが、帰国するまでの約5年間、そこに住みついたのでした。

 

つづく

にほんブログ村

関連記事

  1. Finding 昭和

  2. 真っ赤な港の彼岸花、今年は咲いた白い彼岸花 

  3. 天台烏薬(てんだいうやく)とカレーライス

  4. 「とんかつ 五反田井泉」と311東日本大震災

  5. Wish you were hereとチェリーパイ

  6. 世迷い言とあんたのバラード

  7. 横溝正史原作 市川崑監督「女王蜂」 開始67分後の真実は、あまりに美し…

  8. 銀座アスターとチャプスイ

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

最近の記事

  1. 最初の記憶

    2022.07.13

カテゴリー