ホンコン焼きそば 作ってみた

ホンコンやきそばってご存知ですか?

 

Sozoは1962年生まれですから、生まれた時にはもう、チキンラーメンはありました。おばけのQ太郎で、小池さんがうまそーに食べていました。

 

その後、ホンコンやきそばなるものがあったような気がしたんです。

 

チキンラーメンの焼きそば版!

 

既に麺に味がついた乾麺を、日清焼きそばのように、フライパンで湯を煮詰めていくのですが、コマーシャルもやってたような気がするんです。

 

その後、誰に聞いても、「知らない・・・なにそれ?美味いの?」と言われて来ました。

 

うーん。正直言って、味は・・・、微妙だったような気がします。

 

でも、なんだろう、まずいわけじゃなく、いわゆる焼きそばじゃなくて、まさにビミョーな味だったんです。

 

ソース味はそれほど効いていなくて、ラーメンのような、ちょっと中華的スパイスが入っているような、少し甘みがあるような、しょっぱいような・・・。

それが、子どもだった俺には、強烈な味覚の記憶を植え付けたのでしょう。

 

ところが、この前、大分のスーパーで信じられないものを見ました!

 


SBホンコンやきそば
ヱスビー食品「ホンコンやきそば」!!!!

 

ギャーっ。まだ、売ってんじゃん・・・!

てか、やっぱり俺の記憶は正しかったよ。

ヱスビー食品のホームページヱスビー食品ホンコンやきそば

 

それで、早速ggって見たところ、発売は1964年と書かれてありました。

 

俺は、1歳です。1歳の子どもにインスタント乾麺は(しかも焼きそば)、さすがに食べさせないでしょうから、Sozoが食べたのはもっと後でしょう。

 

年上の姉が、俺の子守りの時に、食わせたのかな~?

てか、姉は年上に決まってんじゃんな。「年の離れた」です。

 

ウィキペディア ホンコンやきそば によると、1964年に発売されたのち、全国区での販売は止めて、北海道、仙台、大分など数か所で販売していると書かれています。

 

なるほど!売れなくて消えちゃったんだ・・・。ということですね。

 

Sozoはアフェリエイトとかしないので、好きなことが書けます(^^)v。

 

これ、はっきり言って、作るのが大変。湯に味が出ちゃうので、水を適当に入れちゃうと、完全に水分が蒸発するころには、失敗して、なんだかよくわからないものに変身しちゃうんです。

 

チキンラーメンに焼きチキンなるものがありますが、あれは、はっきりした味だったですが、これは、やはり、微妙です。

 

でも、美味しいんですよ!

 

本当です。ヱスビーさん、ごめんね、くさしてないですよ。これは「ヱスビー・ホンコンやきそば」なる食べ物で、焼きそばではないと思って食べると、だけど。

 

だって、約50年余り、忘れられない味ですから。

 

ちなみに、大分で運命的な再会をしたわけですが、買ってません(笑)

 

アマゾンでも、ヱスビー直販でも買えるようですよ。

 

味は、時代に合わせて変化したのでしょうか?検証してから書けばよかったですが、沢山来ても困っちゃうので、また今度。

 

出来れば、同じ味だといいなあ~。ヱスビー食品さん、これを作り続けていたなんて、素晴らしい!ますます、俺の中で、企業イメージが上がりました。

中華風のラーメンにソースを淹れたような不思議な「ホンコンやきそば」。美妙www

 

ということで、Sozoは、簡単にできる香港焼きそばのレシピを次回書きます。

 

この記事を書いていたら、焼きそばが無性に食いたくなったのです。

 

Sozoは料理、得意なんですよ。昭和の料理ということで。

 

Sozo風 香港焼きそばのレシピはこちらへ

 

にほんブログ村

関連記事

  1. 浅川マキ かもめ おいらの心は真っ暗々

  2. 「とんかつ五反田井泉」紹介にたどり着かなかった、田舎出の俺が驚いた東京…

  3. 俺たちの勲章とああ青春

  4. きしめんと岩波ホール

  5. 空即是色と今東光の「毒舌身の上相談」

  6. 旗の台 マロニエ洋菓子店

  7. 天台烏薬(てんだいうやく)とカレーライス

  8. ベルナルド・ベルトルッチ監督 「ルナ」 男の人生は、満月に始るのだった…

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

最近の記事

  1. 最初の記憶

    2022.07.13

カテゴリー