Japanese Boy と代官山の朝

1981年。音楽が大好きだった俺は、当時ディスコと呼ばれていた場所がことのほか好きで、新宿のツバキハウスに入り浸っていました。


大学生だった俺は、終電など気にしたこともなく、ディスコで過ごした後は、そのまま朝まで歌舞伎町で時間をつぶすか、もしくは、新宿2丁目の伝説のクラブに行き、夜通し遊び呆けていました。


その伝説の店の名前を検索すると、なんと、今でもやってらっしゃるのですね!今はどうなっているのか・・・。もう何十年も夜の新宿には出掛けていないので、想像もつきません。

想像もつかないので、名前を挙げるのは止めておきます。


新宿2丁目といえば云わずと知れたゲイの街です。当時その店はゲイの店ではなかったのですが、雑居ビルの上の階には、ゲイディスコがありました。


なぜそのクラブが伝説の店かというと、お客は今でいう、生物多様性そのまんま。


それはそれは凄かったです。上の階から流れてくる兄貴たちや、全くジェンダーの判らない方々、外国人、服飾デザイナー、ミュージシャン、内外の芸能人・・・。フツーの大学生だった俺は少数派です。どう考えても怪しすぎました。特に夜中2時過ぎから、太陽の昇る少し手前までは凄かった。


ツバキハウスからして、こういっちゃあなんですけど、そうとう怪しかったですが、ここも伝説なので、俺が語らずとも、色々とエピソードがあることでしょう。とにかく、それなりの格好をしないと、疎外感を味わうことになるので、何を着ていこうか、それはシリアスな問題だったのでした。


当時、近所に山本寛斎さんのヘッドショップがありました。

時々、道でカンサイさんをお見かけしてましたが、背が高くてカッコいいなーと憧れたまんまに、つい店に入ってしまい、浮世絵侍の横顔が刺繍されたセーターを衝動買いしてしまった!


俺が買える値段ではなかったんですけどね。まあ、バイト増やして、どうにかなるかなと。


とはいうものの、セーターだけあってもどうしようもないわけで、パンツどうしよう?靴どうしよう?ジャケットねえと寒いし・・・と限りがないわけです。


しかも、ど派手だから、一発で覚えられてしまう。気づいたら洋服はカンサイのばっかり。


金はどうしたかというとですね、そのような服を着て、そのような場所にいると目立つので、色々な方と知り合うもので、普通よりもちょっと値段のいいバイトがいろんなところから降ってくるのです。


法に触れることはしてませんよ。お縄頂戴はお断りですからね。自分的に一番おもしろかったのは、ディスコのDJです。


なぜそんなことになったのかというと、とあるディスコで、ガラス張りのDJブースに張り付いて、DJをいつも眺めていたんです。あるとき、突然、DJが出てきて、「お前、ちょっと代われ!」と言うが早いか、どっかに行ってしまった!


その人も凄いですよね。男前な行動のような、激しく無責任なような。なんとかやりましたが、それがきっかけなのです。


DJの何が面白いって、盛り上げて盛り上げて煽っていながらも、何か1曲間違えちゃうと、あっという間にダンスフロアーが空になるんです。


最初は、ゲー!大好きな曲なのに、なんでー?なんて思いましたが、まあ、踊る側にも休息は必要なんで、別にいいやと思えるようになるまでは、結構悩みました。


ところで、その頃は六本木もディスコが有名で、ツバキハウスの姉妹店の玉椿が六本木にありました。


六本木は、当時も今も、外国人の遊ぶ街ですが、新宿とはまた客層が違い、怪しさもアップグレードな感じでした。


何といっても、六本木には、さらに怪しい店があったんです。名前は忘れてしまいました。昔イタリアントマトがあったあたりだったかな。


なにが怪しいって、そこは芝居小屋の楽屋みたいな場所があって、そこでメイクや衣装など好きにコスプレして踊り狂うというクラブだったのでした。俺は天井桟敷の真似をして学ランを着て、さらにそこの女性から真紅の口紅でメイクをされて、朝まで踊っていました(笑)


その頃に六本木でよくかかった曲。


Anekaアネーカ Japanese Boy ジャパニーズボーイ

これは、1981年8月に発売されたディスコ曲で、全英チャート1位、世界中でヒットした曲ですが、一体どこがジャパニーズじゃ!と、日本ではヒットしませんでした。


この曲は、外国人(英国女性)の恋人を、ある日、理由も告げずに捨ててバックれてしまった日本の男を、彼女が嘆く歌なのです。

e=”3″>


日本を除く世界中でヒットしたのですが、なぜに、この曲が世界中でヒットしたか。俺にはよく分かります。


なぜならば、この曲を地で行ったからです。この曲の思い出は、とある代官山のフラットで目覚めた、軽い記憶喪失の朝に始まる、短い恋の物語り。


痛い思い出です。その後何年も経って、自分が外国人になって初めて分かったことが、その時には、なにも理解できなかった。


Mister, can you tell me where my love has gone, he is a Japanese boy

I woke up one morning and my love was gone
Oh my japanese boy

Ohh I miss my japanese boy


にほんブログ村 オヤジ日記ブログ 50代オヤジへ

にほんブログ村



関連記事

  1. サンタマリアマッジョーレ教会とディチェコのパスタ、ベーコンクリーム

  2. もう一度、横溝正史「悪霊島」はガチムチ男まつり

  3. 空即是色と今東光の「毒舌身の上相談」

  4. 真っ赤な港の彼岸花、今年は咲いた白い彼岸花 

  5. 「とんかつ 五反田井泉」と311東日本大震災

  6. 雨の降る日の文章

  7. Wish you were hereとチェリーパイ

  8. Gravity Sara Bareillis 重力には、誰も勝てない

コメント

  1. SECRET: 0
    PASS:
    ふむふむ!と私にもあるある!と感じてしまうブログでした☆
    毎日、更新しようと思うんですけどまだまだ精進中です(笑)
    バイナリー&私の秘密の毎日(笑)もアップしているので是非身に来て下さいね♪

  2. SECRET: 0
    PASS:
    的外れかもしれませんが、等身大の言葉で書いてるなところが好感持てました(^^)!
    様々なブログを読むと共感できる部分や気付かなかった事が出てきて刺激になります☆
    よかったら私のブログも読んで欲しいです。叱咤激励やアドバイスなど是非ください~

  1. この記事へのトラックバックはありません。

最近の記事

  1. 最初の記憶

    2022.07.13

カテゴリー