空即是色と今東光の「毒舌身の上相談」

今東光(こんとうこう 1897年生-1977年没)は、天台宗の大僧正で、直木賞作家、参議院議員でもありました。

本書は、1975年-1977年までの晩年に、週刊プレイボーイ(集英社)で連載された、読者からのお悩み相談コーナー「極道辻説法」をまとめた単行本です。

今東光の回答は、あまりに毒舌で、カウンセラー的にはびっくりしてしまいますが、よく読むと、大僧正の回答は非常に的確で、しかも、迷いがないことが分かります。

質問者は、二十歳前後の男性が多いですが、それぞれが直面している問題は、その後の男の人生に関わるものが多く、大僧正の生き方にそぐわないものに対しては、「馬鹿野郎!」と一喝します。

ちょっと内容を紹介します。

ケース1

17歳男子高校生

Q:同じクラスのA子の家の前を通った時、風呂に入っているA子の裸体が見えてしまった。A子のことは以前から好きだったが、これを機にA子に対して性欲が芽生えて、ヤりたくて仕方がない。この気持ちを打ち明けて、A子とヤりたい!どうしよう???

A:以下、大僧正のお答えからの抜粋です。

「まだ子どもで、どこへどう突っ込むかもわからねえくせしやがって。そんな冒険を考えるより、家でおとなしくマスかいていればいい。朝に晩にせっせとかいてろ。で、勉強しろ。告白なんぞ絶対にするな。」

ケース2

18歳 男性

Q:彼女にたまに会うけど、いつも不安を与えてしまう。俺がキスしたいなんて思ってるせいか、知らない間に言葉や態度に出てしまう。どうやって不安を与えずに、彼女にキスができるだろうか?

A:大僧正のお言葉(抜粋)

「てめえがやましい根性を持ってるからだ。責任の所在を明らかにして彼女の気持ちを開かせることだ。タダマンをやろうと思ってるからダメなんだ、こん畜生め!」

もう、全く大僧正のいう通りです!

言葉って、特に日本語は、ものすごい種類のニュアンスがあって、カウンセラーをやってると、本当にいちいち表現には気を使うものですが、そんなの、クソくらえってな感じです。これを痛快と言わず、なんというでしょう?

すべてがこんなのではありません。大僧正のお言葉には、心から共感しただけではなく、俺が直面している問題にも、答えをくれたものがありました。

ケース3

年齢不詳 男性

A:なぜ自分は存在するのか。

いったいなんで、おれはいるのか?なんで地球があるのか?実際あるものをどうこう考えるのはつまらないことなのか?神、仏をぬきにして教えてくれ。

Q:大僧正のお言葉(抜粋)

「なぜてめえがいるかだって?

だったら、じーっと座ってチンポコ見てろ!何時間でも覗いているうちにハッと気がついて、あるべきものはあるべきなんだ、ということに気づくだろう。

坊主は坊主のあるべきように、女は女のあるべきように、それぞれ自然のあるがままの姿がいいんだから。てめえはてめえのあるべきように、チンポはチンポのあるべきように、というのをよく見定めて、のべつまくなし見てろ!」

まあ、”チンポ”のことはさておいて、あるべきものはあるべくして存在するというのは、禅の教えです。

俺のおじいちゃんは、大僧正とだいたい同じ年齢で、同じころ亡くなりましたが、寝室に下げられていた南部風鈴の短冊に、おじいちゃん自らの手書きの達筆で、「空即是色」と書いてありました。

高校生だった俺は、その短冊が揺れているのを見て、おじいちゃんにとって「色」とは何だろう?と、思いました。

80才近くにもなって、まだそんなことを言っているのかと、少しだけがっかりしたのですが、この大僧正のお言葉を見るにつけ、なんとなく、何が言いたかったのかが分かったような気がしました。

「空即是色」と風鈴に書く意味が分かったのではなく、高校生だった俺が、「色=チンポ」としか考えられない、馬鹿野郎だったと分かったのです。

あ、馬鹿野郎だったじゃなくて、未だ、馬鹿野郎かも知れません。

おじいちゃんが亡くなった後、風鈴が風に吹かれてチリリンと鳴っていたのを思い出します。

この本は、また何年かして、自分の人生に行き詰ったら読もうと思っています。

もう一つ、素晴らしいお言葉を発見したからです。

それは、「仮に、相手を殺さなくては自分が生存しないという、極限の状況下におかれた場合、相手が恋人だったらどうするか?」という質問の回答です。

「俺はどんなに惚れた相手でも、楽に死なせてやるね。それで俺は大いに生きる。絶対に俺は生きなくちゃいかんという一つの使命感を持っているんだ」

とてもそんな使命感が、自分にあるとは思えません。

しかも、この大僧正の回答は、きっと確信犯です。

心底、勝てないと思いました。勝負を挑もうなんてことがおこがましいですし、そんなセリフが言える日が来る気もしません。でも、もしかしたら、自分のおじいちゃんのようになら、生きられるかもしれない。

・・・いや、まだまだ、所詮は自分のチンポを眺めるくらいが精いっぱいです。

にほんブログ村

関連記事

  1. 雨の降る日の文章

  2. Japanese Boy と代官山の朝

  3. スリランカと真っ赤な鞄と横須賀サンセット・サンライズ

  4. 落陽 苫小牧発仙台行フェリー

  5. 風の停まる場所に、水はわき出づる~ひなたの匂いと湧水と河原決明~

  6. 旗の台 マロニエ洋菓子店

  7. 「とんかつ 五反田井泉」と311東日本大震災

  8. 3/3「病院坂の首縊りの家」横溝正史原作・市川崑監督 Pt.3

コメント

  1. SECRET: 0
    PASS:
    ミントと聞いて何を思い浮かべますか?普通は歯磨き粉とか葉っぱとかですよね。でも、私のハンドルネームもミントなんです。よろしくお願いします。初めて触れる内容だったのにすぐ読むことができました♪たいしたことは書いていませんが、ディズニーブログをやっているのでもしよければ、御覧下さい。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

最近の記事

  1. 最初の記憶

    2022.07.13

カテゴリー